福岡県にある通信制高校に通うメリット

福岡県内にある公立の通信制高校は、県立博多青松高等学校の1校

最大のメリット自分のペースでじっくり勉強が行える福岡県内にある公立の通信制高校は、県立博多青松高等学校の1校相談をしながら学習計画を立てて進めていくことが出来る

自分の現在の状況を踏まえて入学のタイミングを相談することが出来ますし、以前の高校で取得した在籍期間や単位も原則として認められます。
福岡県エリアにお住まいの方で、通信制の高校に通ってみたいけれどどこに通えばいいのか、どんな特徴があるのか情報を調べたいと考えている方にとって、学校数が多いこのエリアはしっかり情報を集めて自分にぴったりの学校を選ぶことが重要になります。
福岡県内にある公立の通信制高校は、県立博多青松高等学校の1校のみとなり、生徒数は1,200名以上で通信制としては全国的に見えても大規模であることがわかります。
一般的に通信制の高校は私立が多いですが、公立に通うことの最大のメリットとしては安い学費で通うことが出来ることが挙げられます。
実際に年間にかかる学費や費用は5万円程度で済み、全日制の公立高校は平均25万円で私立高校は75万円だと考えると非常にコストパフォーマンスが高いことがわかります。
しかし公立の通信制の高校は卒業率が低く、さらに進学率は平均で20%と低い傾向にあるので、将来進学を考えているのであれば学習計画などをしっかり立てる必要が出てきます。
ただし高校卒業資格を取得したいという方にとっては、公立の通信制の高校は安く通うことが出来ることが最大のメリットだといえます。

入学後がイメージできるって大切ですよね…!

KTCおおぞらに通う在校生(1年次生・2年次生)と保護者様(1年次生)の本音を聞いてみました!|福岡県/福岡キャンパス|#通信制高校 なら #KTCおおぞら高等学院 https://t.co/Y67SUginfM

— KTCおおぞら高等学院/公式 (@ktcschool) August 10, 2021