緑内障の治療に静岡市内の眼科へ通院

毎日の点眼を忘れず月1回の通院で検査

静岡の眼科で緑内障と診断され点眼治療開始毎日の点眼を忘れず月1回の通院で検査治療開始より数年経つが緑内障は地道な治療が必要

いつもリビングのテーブルの上に点眼薬を置いておき、朝起きたら忘れずにすぐに点眼をするように心がけているため、めったに忘れることはありません。
最近では、朝起きてすぐに点眼をすることが習慣になりつつあるため、忘れることはよほど忙しい時でなければ無いので、毎日きちんと点眼をすることができているのです。
眼科への通院は月に1度で、眼圧を調べることで症状が安定しているかどうかを確認してもらっています。
半年に1度の検査では、視野の検査を行っています。
視野が欠けているかどうかを調べる機会があり、薄暗い部屋の中で固めで光を見る検査を行い、それで視野が変えていないかどうかを調べることが出来るのです。
検査の結果は異常なしで、今のところは問題ないみたいなので安心しています。
少し手間のかかる検査ではありますが、視野を調べるためには必要な検査なのです。
眼圧は正常値で安定しているので、点眼薬の効果が出ているようで良かったと感じています。
緑内障治療を初めて数年が立ちますが、今の所特に変化はありません。
毎日の点眼と月に1度の検診、それに半年に1度の視野の検査を繰り返しています。
眼科医からは点眼を忘れないようにすることが最も重要であることを言われているので、点眼はきちんと行うように心がけているのです。